人と同じで、わんちゃんにも栄養のバランスはきわめて大切で、ドッグフードの品柄は価格だけで判断できる所以ではなく、高いからクオリティーが良い、安いから危ない、という所以ではないのです。飼い主さんはそのドッグフードの中に、どんなものがどれ位入っているかを分かっておかなくてはいけません。

状態が悪い所以でも、外囲に変化があった所以でもないのに大好物を前兆もなしに食べなくなるケースも往々にして起こります。にゃんこは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では年がら年中同じ獲物にありつけるとは限らないので、時どきちがう食べ物を好向こともあります。
野生のワンワンは、大勢で生活し、協働で獲物を引っ捕え、固り内の社会的順位に従って獲物を分け合って食べていました。獲物を毎日捕獲できるとは限らないので、一度に多くの食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。猫は本質的に自分の気持で触れられるのを欲するので、うんざりするほどなでられるのを嫌がります。また、触れられるのを欲するねこでも、だらだらとされるとコミュニケーションを図りたくなくなってしまうので、なで方のポイントを勉強しておきましょう。
キャットはバラエティに富む?形相や振る舞い、ボディーランゲージを利用して、自分達に語り掛けています。

にゃんことの連繋を楽しむために、猫語をきちんと汲み取りましょう。

ねんねこ同士にも相性があります。
野生のねんねこの場合は勢力圏が大きいので、好まない相手がいれば触れることを掻い潜れられますが、限られた空間で過ごす室内飼いにゃんにゃんの場合はそんなに上手にいきません。
ワンワンたちには家宅を選んだり、好みの食べものを選んだり、やってみたいことをあいている時間にするなどの自由が丸っきりありません。
飼主に出来ることは、言葉が話せないワンワンの身になって人生を果た指せてあげることが大切です。

ニャンニャンにフードをあたえても食べずに、砂をかけるようなしぐさをして散らかしてしまう。

ごはんが気に食わないの?と悩んでしまいますが、これはにゃんにゃんの本能による行動で、この特殊性は排泄物だけでなく、似たようなニオイに対しても現れるのです。

夕暮れや深夜になると部屋中をすごいスピードではしゃぎまわったり家具の上に跳び乗ったりするネコはすくなくありません。

緊迫状態や運動不足から起こる怪奇な行動ではと気をもむ方もいると思いますが、これは多くのにゃんこに見られるごく自然な態度です。
わんこは人につき、ネコは家につくと伝えられていますが、これはニャンコが自分の縄張りを一番大切にし、環境の変替を好かないことを示した言葉です。
にゃんこのこの性格は、野生時代から鍛えられたルールです。

メインクーン キャットフード