ニンゲンと同じように、イヌにも栄養のバランスは実に大事な問題で、ドッグフードの質は値段だけで選ばれるわけではなく、高いからクオリティーが良い、低価格だから危ない、というわけではありません。

飼い主であるあなたはそのドッグフードの中に、どんなものがどれ位入っているかを見ておかなくてはいけません。

野生のドッグは、集団で生活し、協働で獲物を掴まえ、大群内の社会的順位に服して獲物を分け合って食べていました。

獲物を毎日捕獲できるとは限らないので、いっぺんに大量の食事をとる、いわゆる食い溜めをしていました。

ねんねこは多様な顔色や物腰、ボディーランゲージを利用して、吾輩に語懸けています。

ニャンニャンとのコミュニケーションを楽しむために、ネコ語をきちんと汲み取りましょう。

せわしいときに限ってというのはヒト主観で、ネコにはそんなつもりはまるでありません。

忙しそうに動き回る飼い主の足にハンティング本能がそそられて、ついまといついたり、アタックしたりしてしまっただけのことです。

にゃんこ同士にも相性があります。

野生のにゃんこの場合は領分が大きいので、いけ好かない相手がいれば触れ合うことを逃げられますが、限られた空間で活きる室内飼いにゃんこの場合はそうそううまい具合にはいきません。

わんわんたちにはお家を選んだり、好みの食べものを選んだり、試したいことを好きなときにするなどの自由が何もありません。

飼い主さんに出来ることといえば、言葉に出すことができないわんちゃんの身になって一生をやり遂げさせてあげることが大切です。

状態が悪いわけでも、外囲が変化したわけでもないのに大好物をパタリと食べなくなるケースも時々あります。

キャットは食べ物にこだわりが強いものですが、自然界では毎々同じ獲物にありつけるとは限らないので、間々違う食べ物を欲しがることもあります。

固りで生活を送るわんちゃんにとって飼い主はリーダーですが、本来単独で毎日を送るネコにはそんな認識はありません。

ねんねこにとってペットオーナーとは、ひと言でいえば、諸々なことをしてくれる気兼ねない同居人という感情でしょうか。

イヌが病気と分かった時点で、その状態の改善法や進行を後らせるためにも、動物病院で販売されている特別療法食をあげることが必須となります。

これは責務 ではありませんが、ワンワンに少しでも長生きしてほしいと考えるならば、特別療法食を与えることが現状では疑いようのない選択です。

野生では覇気のない動物はいち早く敵の獲物となるため、患やケガをした動物は敵に見つかりにくい安全なところに隠れて回復を待ちます。

この特殊性はにゃんにゃんももっており、加減が悪くなると縁の下や物置などに身をひそめるのでしょう。

ワンワンのおもちゃの大半は、飼主がいないときにあげてしまうと危険なものです。

なかでも布製のおもちゃは、あっさり破けてしまい、ワンコだけの環境のなかで与えてしまうと、食べるつもりがなくてもなんとなく遊んでいるうちに飲み込んでしまうことがあります。

猫にごはんをあたえても食べずに、砂をかけるような仕草をしてばらまく。

ごはんが気に食わないの?と気がかりになってしまいますが、これはネコの本能による行動で、この特色は排泄物だけでなく、類似したニオイに対しても現れるのです。

ねこは根本的に自分の感じで触れられるのを好むので、執拗になでられるのを嫌がります。

また、触られるのを欲するニャンコでも、くどくされるとコミュニケーション図りたがらなくなってしまうのでなで方のポイントを勉強しておきましょう。

夕ぐれや深夜になると部屋中をすごいスピードで騒ぎまくったり家具の上に駆け乗ったりするニャンニャンはすくなくありません。

ストレスや運動不足からくる狂逸な行動ではと気をもむ方もいると思いますが、これは多くのねんねこに見られるごく自然な素行です。

わんわんは人につき、キャットは家宅につくといわれていますが、これはニャンコが自分のテリトリーを他の何ものより大切にし、環境の遷り変わりを受け入れられないことを表した言葉です。

にゃんにゃんのこの資性は、野生時代から鍛え上げられた原理です。

ブリティッシュショートヘアの子猫が好む餌は?